« 過ぎ去りし頃、懐かしき君(二) | トップページ | 映画「愛の嵐」 »

2015年6月28日 (日)

観_15_06_27

観_15_06_27  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。

 梅雨の時期に相応しい、湿度が終日高い一日。梅雨は嫌いでは
ないので問題なし。

 一年に一、二度の通勤用の靴を買う時期でいつもの靴屋に向かう。
ただのチェーン店であるが、もう何年も靴はそこでしか買っていない。

 最寄り駅から10数分歩くのと、普段はそのエリアには滅多に行かない
ので気分転換に調度よい。駅から遠いということもあり店内はいつも客が
少ないので店員の対応が早くてすぐに靴を出してもらえるのもとても良い。

 久しぶりに行ってみると、周辺に食べ物屋が増えたように思うが特に
入ってみたい店には遭遇せず。靴屋に着くと通勤用なのでそれほど
悩まずにさっさと決めて一足購入する。近くにある昔、たまに行っていた
ハンバーガーショップに久しぶりに寄ろうかと思ったが、空腹を満たそうと
してオーダーすると1000円近くにもなってしまうので止めていつもの劇場と
古本屋の散策ルートへと向かう。

 古本屋に行く前にもう何十回も(もしかしたら100回超えているか)
利用している定食屋で昼食。いつもの定食をオーダーして一口ほうばった
その瞬間に「私の休日」は幕を開ける。ガツガツ食って古本屋へGO!

 古本屋では、そのうちに買おうと思っていた目を付けておいた本が
売れているのを確認。ネットで注文すればよいので特に問題なし。
ある映画に関する本なので誰かが買って夢中になってくれれば
嬉しい。夢中になってくれ。

 売価2千円程度の本を一冊購入。定価は4千円程度で半額。
ネットで買っても恐らく1000円では買えず送料を考えると"買い"の値段。

 ここの古本屋で何も買わないで出るのはなかなか難しいが
今日の成果には満足。

 久しぶりに神社でお参りする。今日という日に感謝を込めて。

 「私の戦争」はとりあえず小康状態となった。そして、とりあえず
「勝った」と言える状況になったと考えておこう。

 ボケナス諸君に

 「君達はボケナスだよ」とはっきり言ってやった満足感と爽快感( ̄∇ ̄)

 そして、

 ボケナス諸君ゆえに今後展開が充分に予想されるであろう
陰湿かつ執拗な報復への備えの憂鬱と危惧( ̄∇ ̄;)

 鑑賞した作品は"結果の善"と"過程の悪"の故意の混同を描いた作品。

結局、「他者との共生」をいかに上手くやっていくかということに尽きる。
何を描き、何を隠すのか。原作と脚本と製作者それぞれの違い。

 帰りは本来ならばどしゃ降りになりそうなほどの蒸し暑さであったが
余り見たことのない妖しい色の夕焼け雲が綺麗に見えた。

 「私の戦争」で得たものと失ったもの、その両方によって、
今日以降また始まっていく。

 闘いは終わらない。そう、終わることはない。。

 
 



 
 
 
 








 


 

 




 

 
 


 
 

 
 
 
 
 
   



 
 
 
  
 
 


 


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 

   


 
 






 


 

 


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 過ぎ去りし頃、懐かしき君(二) | トップページ | 映画「愛の嵐」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過ぎ去りし頃、懐かしき君(二) | トップページ | 映画「愛の嵐」 »