« 梅_16_02_11 | トップページ | 映画「今ひとたびの」 »

2016年2月13日 (土)

news「「重力波」、米で初観測」

  
 

アインシュタイン予言の「重力波」、米で初観測
2016年02月12日 00時30分
-------------------------------------------------
米カリフォルニア工科大と米マサチューセッツ工科大などの研究チームは11日、
物理学者アインシュタイン(1879~1955年)が100年前に一般相対性理論で
存在を予言した重力波について「初めて観測した」と発表した。

 これまで直接観測した例はなく、宇宙初期の状態などを重力波で観測する
「重力波天文学」の道を開く成果だ。

 重力波は、物体の重さが時間と空間(時空)にゆがみを作り、物体が運動した時、
そのゆがみがさざ波のように、光速で宇宙に伝わる現象。物体が重くて速く動くほど、
強い重力波が出る。

 研究チームによると、米国にある巨大観測装置LIGOが昨年9月14日、
重力波を検出した。質量が太陽の29倍と36倍のブラックホールが13億年前に
合体した時に、太陽3個分の質量がエネルギーとなった重力波が発生し、地球に
届いたとみられる。ブラックホールが合体する瞬間を捉えたのも、世界初の快挙となる。

 ワシントンで11日に記者会見したデビッド・ライツLIGOリーダーは
「我々は重力波を手に入れた」と宣言。会場から、大きな拍手が起きた。
-------------------------------------------------
【ワシントン=三井誠】
[http://www.yomiuri.co.jp/science/20160212-OYT1T50012.html?from=y10]

 

 100年前に一人の科学者が
"それ"がないと説明がようつかないっす。」と提唱して、"それ"は100年後に
無事に観測され、そもそも、"それ"は、なんと13億年前に発信されて我々は
この度、キャッチしたということになる。

 そう考えると、遥か彼方の遥か遠い昔から起こっていたことを、ほんのつい
先日に「多分あるでせうね。ええ。」と説明されて、すぐに準備を開始して捕まえた
ともとれる。

 そうして、我々はいかほどのことも見つけられずに、時空は一瞬にして
遥か彼方に飛び去り、我々が今、日々、親指や人差し指をこねくりいじくり
回している全ての事なぞ自分達ごと瞬時にして消え去っていくのだ。

 それでも、日々の出来事、日々の発見、事実の積み重ね、それに対する
考察と理解への工程は決して無駄ではなく、とてつもなく有益である。

 重力波の発見に携わった全ての人々へ、おめでとう。
そして、有難う。 世の中はまた少し面白くなりました。

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 


 
 
 




 

|

« 梅_16_02_11 | トップページ | 映画「今ひとたびの」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅_16_02_11 | トップページ | 映画「今ひとたびの」 »