« 映画「神様の思し召し」 | トップページ | 映画「少年裁判所」 »

2016年10月15日 (土)

ソテーナイ

 
 

 ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞し、2016年10月15日現時点で
本人と連絡が取れず、もしかしたら、受賞を快く思っていないかもしれない。

 

ディランさんと連絡取れず=授賞から丸1日-スウェーデン・アカデミー
------------------------------------------------------- 
ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーの関係者は14日、
米シンガー・ソングライターのボブ・ディランさんへの授賞発表から丸1日が
経過した時点で、ディランさん本人と直接連絡が取れていないと語った。
 同関係者によると、代理人やコンサートツアー担当者らには連絡が付いたが、
ディランさんとは話ができていない。ディランさんの友人の米歌手
ボブ・ニューワース氏は米紙ワシントン・ポストに対し、
「彼はノーベル賞受賞を認めたくないのでは」と語った。
 ストックホルムで12月10日開かれる授賞式では、受賞者はスピーチを
行うのが慣例。スウェーデン・アカデミーは、ディランさんが式に出席するか
どうか把握できないという。(2016/10/14-21:13)
------------------------------------------------------- 
【ストックホルムAFP=時事】

 
 

 映画「ノーディレクション・ホーム」(2005)を観れば、これらの出来事は充分に
想定された事である。

 受賞した事も、その後の氏の沈黙も。

 
 

 帰る家なんて、在りはしない。だから、、

  

 

---------------------------------------------------------------
映画感想一覧>>

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








 
 
 
 
 
 
 

|

« 映画「神様の思し召し」 | トップページ | 映画「少年裁判所」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ま、何か今更感がすごいですよね
 
ボブディランを敬愛する人がそこそこの年齢に達し
たまたま審査員に入った
ってだけのことのような…
 
ディランもイラッて来たんじゃないでしょーか…

投稿: 万物創造房店主 | 2016年10月17日 (月) 20時27分

>ま、何か今更感がすごいですよね
 
ノーベル賞って全体的に「今更」感なのは
あんまり報道されないですよね。ってほど自分も
注目していないけど。
価値観が定着していない物についてバンバンあげちゃう
よりはいいと思います。
 
 
>ディランもイラッて来たんじゃないでしょーか…
 
いつか存分に語ってほしいですね。
今回の受賞について。
 
まあ自分は音楽関係は全く疎いので何もコメント出来る
こともないわけですが。

投稿: kuroneko | 2016年10月17日 (月) 22時54分

結局、ふつーに出てきて
ふつーに受け取りましたね…(^_^.)

投稿: 万物創造房店主 | 2016年10月31日 (月) 23時05分

全くの無視を誰しも当然と思わせ、
一転、
余りの普通さにも(ほぼ)誰も非難もせず。。
凄いブランド力すねー
「ボブ・ディラン」\(@_@)/

投稿: kuroneko | 2016年10月31日 (月) 23時52分

残る疑問は、
ほとんど報道されていないようですが
ノーベル文学賞については
「私に賞をください。」と申請が必要な
賞らすいのですが、
その辺についてせっかくですので
コメント欲しいですね。
本人の伺い知れない周辺が勝手に
申請したものなのか、あるいは、、、

投稿: kuroneko | 2016年10月31日 (月) 23時57分

>「私に賞をください。」と申請が必要
 
それは気になりますね
 
『ディラン氏にはノーベル賞の賞金800万クローナ(約9400万円)を受け取る権利があるが、一定の期限内に受賞理由となった功績に関する講演をしなければ賞金の権利は消滅する。期限は授賞式が行われる12月10日から換算して6カ月以内となっている。』
 
ってとこも気になります
 
今さら賞金ほしいのかどうか?
 
ちゅーか今日ですね
 
『ノーベル賞当局は5日、スウェーデン・ストックホルムで10日に行われる文学賞授賞式の晩さん会で、式を欠席する今年の文学賞受賞者で米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏(75)のスピーチが代読されると発表した。』
 
『文学賞の選考主体のスウェーデン・アカデミーは先月、ディラン氏が来春に記念講演を行う可能性があると発表していた。』
 
ってことは賞金もらうんやー

投稿: 万物創造房店主 | 2016年12月10日 (土) 19時54分

>今さら賞金ほしいのかどうか?
 
何となくの想像だけど
ディラン氏は
「くれる物は受け取る」
方のような気がする。
 
で、自分の気になるのはやはり
ノーベル文学賞への申請は
御本人の意思であり、且つ自分の行動なのか
本人の意思ではなく周辺の方が担いでなのか
すね。

いずれ
明らかになるのだろう。
 
そーいえば、、
日本で毎回受賞かと騒がれているあの方も
毎回、自分で
「ください。」m(_ _)m
と申請していることになるのか。。
 
世の中って
目に見えていることから推測する印象と
その背後で実際に動いている動機や理由って
随分違うもんすね。

投稿: kuroneko | 2016年12月11日 (日) 20時02分

まー賞って
色々な利権とか思惑もつきまといますしねー

投稿: 万物創造房店主 | 2016年12月14日 (水) 01時23分

受賞スピーチは
やたらと良かったですね。
教科書に採用されそう。

投稿: kuroneko | 2016年12月17日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「神様の思し召し」 | トップページ | 映画「少年裁判所」 »