« 観_17_03_25 | トップページ | 雲_17_04_07 »

2017年4月 1日 (土)

2017年4月1日の風景

 

 数年前にほぼ毎日のようによく見ていたブログやサイトに最近久しぶりに
訪れてみると、軒並み、更新が随分前に止まったままになっていた。

 ジャンルも、"中の人"の職種も経歴もまるでバラバラなのに、更新が止まった
時期は自分が行かなくなった時期でほぼ同時といってもいいくらいに近いのは
ちょっとばかし面白い。それは、きっと、自分が頻繁に見ていた時期が恐らく
管理人氏にとっても記事を更新している面白さ、夢中さの度合いがピークだった
のではなかろうか。

 自分にとっては、それらのサイトは久しぶりに訪問しても、既に数年も
経った記事ではあっても今でも示唆に富んでいて、そこそこ面白く読めて、
明日以降を生きていくのに有用でもある。

 インターネットというものが10数年以上も前にビッグ・バンさながらに発生
してくれた巨大エネルギーの余波の中で自分の今の生活の大きな流れは
決定されてきたと言える。

 コンピューティング技術を興してきた先人達の何人かの人間にとっては、
その技術の「先」で起こってほしいと願っていたことは現実には起こらず、
世の人々の"覚醒"も期待したほどには進まず失望してきたに違いない。

 自分は、その失望の海の中の点(ドット)に過ぎない。いや、ドットですらない
わけであるが、

 「案外、面白いことは起こらんもんだねえ。」

と呟いて(しかし、ドットに過ぎない自分が今日という日まで生きる程度には
面白いことは十分に起こってきてくれた)生きてきたが、ココに来てようやく
面白くなっているように思う。

 それは、人々が使いこなすレベルのツールの供給はほぼ行き渡ってきた
ことにより、ツールの使いこなしによる次の段階を明確に表明する
人々が急激にそして確実に増えてきたことを意味している。

 コンピューティング世界に限らず、世界は、

 ツールを使った結果による大きな差を世界中の人々が目の当たりにする時代に
 明確に入った。

と言えるだろう。

 例えば、つい最近の某超大国の某大統領氏の台頭は選挙とその結果による者の
統治というその国のシステム(=ツール)を駆使したものに過ぎない。その結果によって
試されるのは国家システム(その国でいえば三権分立や二大政党制・上下院制度は
正常に機能するか否か等)である。

 多数の人々が不幸になるという結果を招くとすれば、それは国家という巨大な
システムに改善すべき点があるという結論が出るに過ぎない。

 では、それなりにツールが揃ったコンピューティング世界で、人々が駆使した
結果を好ましく享受するのは世界のどこの誰で、どの組織なのか、不利益を被る
のは同じく誰なのか。それは必然なのか、偶然なのか。明日以降に是正の余地は
あるのか、ないのか。

 ビッグ・バンに関わった先人達はきっと、これから起こる結果、その対応も見えて
いるのだろう。

 そして、皆、濁流の中で生きている。勿論、自分も。

 
  
 
 
 
 
 
 

 
 





 
 
  
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 観_17_03_25 | トップページ | 雲_17_04_07 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

今はもうブログ
流行んないですからね
 
みーんなSNSです
 
そういう僕も
フェイスブックとインスタグラムで
個人情報ダダ漏れ中です
 
長文書くときだけブログです

投稿: 万物創造房店主 | 2017年4月20日 (木) 21時49分

もう
みーんなSNSでいいんじゃないすか。
長文も(~o~)/

投稿: kuroneko | 2017年4月20日 (木) 23時38分

長文書きにくい仕組みなんですよ
下書き仮保存とかできないし
 
あ、「ビハインド ザ・コーヴ」観てきましたよー
 
よかったらブログ読んでくださいなー

投稿: 万物創造房店主 | 2017年6月 3日 (土) 23時33分

>下書き仮保存とかできないし
 
何十億人も使っているのに??
(゚〇゚;)
  
>「ビハインド ザ・コーヴ」
 
数年前にサクッと見逃してますねー
まあ、あんまし観たいとも思わない感じですが。
(~o~)

投稿: kuroneko | 2017年6月 6日 (火) 22時19分

>>下書き仮保存とかできないし
>何十億人も使っているのに??(゚〇゚;)

用途が違うというか
仕組みが違うというか


  
>>「ビハインド ザ・コーヴ」
>数年前にサクッと見逃してますねー
まあ、あんまし観たいとも思わない感じですが。
(~o~)

「ザ・コーヴ」と間違えてません?
(^_^.)

投稿: 万物創造房店主 | 2017年6月 9日 (金) 22時06分

>用途が違うというか
仕組みが違うというか
 
まーなんでもいーんですけどね
何十億の人間が毎日使っているツールが
「文章」も作れないって。。
(一_一)
  
 
>「ザ・コーヴ」と間違えてません?
 
一緒にしているかも。。
(ーー;)

「これらの作品」の全体の流れの"系"
の方が興味があったりします。

投稿: kuroneko | 2017年6月10日 (土) 12時07分

>何十億の人間が毎日使っているツールが
「文章」も作れないって。。(一_一)
 
基本、短文をやりとりするツールですね
ゆえにブログは今後も残ると思います
  
 
>>「ザ・コーヴ」と間違えてません?
>一緒にしているかも。。(ーー;)
>「これらの作品」の全体の流れの"系"の方が興味があったりします。
 
「ビハインド ザ コーブ」はそれに近い切り口ですね
 
いろんな人にインタビューしたのち
アメリカ公文書館の記録から
ベトナム反戦運動から目を反らすために半捕鯨運動が始まった
という感じの結論にたどり着く作りです
 
http://behindthecove.com/
 
八木さんという人が
パラマウントの退職金をつぎ込んで
一人で作らはったドキュメンタリーです
 
素人っぽい感じはありますけど
なかなかおもしろかったですよ

投稿: 万物創造房店主 | 2017年6月11日 (日) 20時35分

>いろんな人にインタビューしたのち
アメリカ公文書館の記録から
ベトナム反戦運動から目を反らすために半捕鯨運動が始まった

今度、機会があったら是非観てみます
(-_-)\
 
因み自分が見逃がしたのは
「ビハインド ザ・コーヴ」
の方すね。
思い出しました。
 
 
胡散臭いのは
全部、そうやって
源流遡っていけばいいすよね。
いや
胡散臭くなくても
源流を知っていくのは面白いし
目から鱗を体験できていいよね。
 
それこそが
『教育』
\(@o@)/
 

弥生時代や縄文時代から話しを始めてしまって
近現代史に決して触れずに日本人を肉体的にだけ
大人にしてしまって世に放ってしまうのも
悪質な「これ系」
と言えますね。

源流遡るべし!
( ̄0 ̄)ノ

 
淡々と
近現代の嘘問題を
公正に骨太に源流遡るドキュメンタリーがもっと
作りやすくヒットし易い世の中になりますよーに。
(-人-)
 

投稿: kuroneko | 2017年6月11日 (日) 23時06分

>弥生時代や縄文時代から話しを始めてしまって
近現代史に決して触れずに日本人を肉体的にだけ
大人にしてしまって世に放ってしまうのも
悪質な「これ系」
 
古代史にしても
朝鮮半島最南端にあった
ほぼ日本であった任那国のことはやらないし
 
滅んだ百済王族の血は日本の天皇家にしか流れてないんで
百済は日本の源流のひとつであって
現代朝鮮人とは何の関係もない
 
とかも
 
全く教えないですね
 
そもそも研究者自体が古代史をアジアだけでとらえ過ぎで
鉄器にしても源流はヒッタイトとかにあって
朝鮮半島はただの通り道にしか過ぎないのに
朝鮮から伝わったと言い切りますし…
 
消防署の方から来ました詐欺かよって感じです
 
そういや今
東京国博で茶の湯展やってるじゃないですか
あれの図録に
現在の茶道と同じものがすでに宋時代にあったと書いてあるんですが
古い文献あたると
やっぱかなり違うんですよ
 
同じと言い切るにはかなり無理が…
 
国博にも中共の工作員が入り込んでるかもですねー

投稿: 万物創造房店主 | 2017年6月22日 (木) 20時31分

>ほぼ日本であった任那国のことはやらないし
 
この辺の時代と人間達は実にアクティブで
なかなか面白いらしいですね。
 

>全く教えないですね
 
そもそもせんせ方が
戦後延々と教えちゃいかんって教わっているみたい
だし、それが
「正義で平和」みたいな意味不な概念も未だに
蔓延しているし
最早国際的な大規模テロと言ってもいいかもですね。
(-_-) 
 

>消防署の方から来ました詐欺かよって感じです 
 
感じっつか「まんま」すね
(一_一)
 
 
>やっぱかなり違うんですよ 
 
こういうのは一個ずつ見ていけば
世の中
「紛いもの」だらけですね。
 
自分は
学生時代に北海道を一ヶ月間ほどバイクで
旅をした時にアイヌのおじさんに出会って聞いた話し
(本土と自分達との関係についての本音)や
沖縄を一週間テントとリュック担いで歩きまわった時に
出会った人に聞いたやはり現地の人の長年の歴史的な
苦労と内地の人(←沖縄の人から見た我々)達への
思いを聞いた話はテレビや本や映画では味わえない
「生の声」の迫力がありました。
(~o~)
 
 
>工作員が入り込んでるかもですねー
 
まあ、世の中
いつの時代も
「情報戦」ですよね。
敗けは敗け。
 

歴史は勝者が作る。
だが、しかし、消せないものは、必ずある。 
生きた痕跡は完全には消えない。
その証をどれほど広く深く尊重できるかで
後続の者達の知性と理性の価値は決定するだろう。
 
by kuroneko

o( ̄^ ̄)o

投稿: kuroneko | 2017年6月23日 (金) 23時29分

>アイヌのおじさんに出会って聞いた話
>現地の人の長年の歴史的な苦労と内地の人(←沖縄の人から見た我々)達への思い
 
おもしろそうですね
 
今度来たときにザクッとでいいんで聞かせてください

投稿: 万物創造房店主 | 2017年7月 5日 (水) 01時21分


相槌打ってたら、酒が進んでいつの間にやら
本島人(大和人)の代表みたいにさせられて
何だか申し訳ない気持ちになって、
 
同席していた大学でエスペラント語を研究している
とか言う人が沖縄と北海道の現地人とアイヌとの
共通項とか語りだして、、
  
沖縄では普通に何気なーく歩いてたら畑の真ん中に
ポツンと碑があって、村から終戦のギリギリに
特攻(水上特攻)した年端もいかない少年達の忠魂碑
だったり、、
  
今思うと貴重な体験だったすね。

投稿: kuroneko | 2017年7月 6日 (木) 23時55分

>何だか申し訳ない気持ちになって
 
申し訳ない気持ちになる必要性が全くわかりませんが…
(^_^.)

投稿: 万物創造房店主 | 2017年8月12日 (土) 01時48分

人それぞれですね。

投稿: kuroneko | 2017年8月12日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_17_03_25 | トップページ | 雲_17_04_07 »