« 映画「夏の妹」 | トップページ | W »

2017年9月23日 (土)

映画「トラス・オス・モンテス」

「トラス・オス・モンテス」
TRAS-OS-MONTES

 

監督: アントニオ・レイス,マルガリーダ・コルデイロ
撮影: アカシオ・デ・アルメイダ

時間: 111分 (1時間51分)
製作年: 1976年/ポルトガル

(満足度:☆☆☆☆☆)(5個で満点)
--------------------------------------------------------------

 
 本作は、少年期に体験する『視点』と、『時間軸』を"完璧"に再現している。

 

 川、春の訪れ、窺い知れないお屋敷、
 父のいない理由、母の出生の秘密、
 夕暮れ、友情、冒険、、

 丘の向こうに見える"何か"
 橋の向こうに見える"何か"。

 単なる街であり、
 単なる村であり、
 単なる動植物であり、
 単なる畑であり果樹園であるが、

 少年・少女達にとっては、「そうではない」

 一歩先に進めば、二度と故郷に戻ってこれないかもしれない。

 洞窟を潜り抜ければ、きっと全く知らない世界に繋がってるはず。

 見知らぬ人間と一時を過ごせば、故郷ではもう数十年も数百年も
 過ぎているかもしれない。

 それらは、少年・少女達にとって"充分に起こりえること"であり、
 起こって欲しい切実な願いでもある。

 

 うざったい大人達、複雑極まる世間、規則に塗れた日常、、

 その全てが生涯で「最もかけがえの無いもの」であり、

 最もかけがえの無いものだということを「知らないゆえに」

 少年達の行動には打算はなく、それゆえに美しく、それゆえに残酷でもある。

 出稼ぎに向かう父をいつまでもいつまでも見送る娘。

 父親が振り返ることはない。それでも何度も手を振り
 父親が点景になって、それでもまだ見送り続ける娘。

 ほんの数分の長回しのシーンであるだけが、その記憶の『永遠性』と、普遍性、
涙を禁じえない輝き、どんなに大金をかけても描けない永遠のシーン


 何回でも観たい。いつまでも観ていたい。
 

 映画は、本当は「詩」ではなくてはいけない。

 人生とは、一片の「詩」に過ぎないのであるから。


 

--------------------------------------------------------------
映画感想一覧>>

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 映画「夏の妹」 | トップページ | W »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「夏の妹」 | トップページ | W »