« 或る事件から見える風景 | トップページ

2018年9月24日 (月)

2018年9月24日の風景

 
 

 とあるサイトに書いてあったこと。
 
 
 資本主義」と「民主主義 」が喧嘩を始めた。

 は、現代の社会情勢を言い得て妙である。

 資本主義でも民主主義でもどちらでもない、どちらかに似ている
(かもしれない)、あるいは全く異質な主義がその喧嘩の隙をついて
支持を、あるいは、勢力を伸ばしているという構図で、ある程度の
ことは説明できそうである。

 それらのどれを支持するのか支持しないのか、
結局は、世界中の民衆の意思が決定していく。

 資本主義だけでも、民主主義だけでも上手くいかない。

 現時点での他の主義の実践の結果は一体どうだったかは、
「書物」に刻まれている(現代社会は書物を根本的に捨てよう
ともしている)。

 民主主義と法の統治は、資本主義をコントロール出来るだろうか。

 それとも、このまま何もかも呑み込まれて混迷の時代が
続いていくのだろうか。
 
 
 ゴヤの描くところの「我が子を食らうサトゥルヌス」そのままに。

 

 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 或る事件から見える風景 | トップページ

独り言」カテゴリの記事