« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月29日 (水)

特撮映画における或る命題について

 
 「シン・ゴジラ」(2016)の名(迷)コンビ(?)が"シン"ウルトラマンを描いて
くれることが決定してだいぶ経つが大変喜ばしいことだ。
 
 そして、その作品はきっと「実在論」「実名論」の闘いを作中の背後に
置いてテーマの一つとして描くか、正面立って描き決着を着けるものとなり、
或いは、作品の成立過程そのものが熱い闘いとなることを強く予感させる。
 
 言うまでもなく「シン・ゴジラ」は実在論路線において成功した作品であり、
「ゴジラ」(1954年版)、 '84ゴジラ(「ゴジラ」(1984年版))もまた然りである。
 
 果たして、ウルトラマンを実在論で描くことは難しいだろう。実名論の上に
成立している存在であることは自明だからだ。

 さらに難しいのは異物は、即、敵として描くことは本能的に、生理的に有りだが、
味方であるという認識を実在論において描くこともまた極めて困難である。
 
 個を描き、孤立を悪とすることは容易であるが善という集団的コンセンサスを
得るのは実際、不可能に近い。
 
 実名論と実在論のどちらかで描くことは客層ターゲットをどこに置くかという
マーケティングの点においてもなかなか難しい選択となるだろう。
 
 個人的には実名論で描かれる世界には余り興味が無い。実在論に是非挑んで
欲しい。

 勝手な推測を愉しめば、脚本を担当する庵野秀明は実在論の中で葛藤し、監督の
樋口真嗣は実名論の中で思う存分に戯びたいのだと思う。特に樋口氏の方は
「シン・ゴジラ」でのある種の消化不良をこちらの作品でどこまで爆発させるのか
見物である。"前作"においては庵野がアクセル役、樋口はブレーキ役となったが
今回は逆になるのであろう。

 虚構VS現実(日本)は、今回もまた繰り広げられることが宿命付けられて
いるのかもしれない。

 
「シン・ウルトラマン」2021年公開予定
---------------------------------------------------------------
映画感想一覧>>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

2020年4月27日 (月)

暗_20_04_27


 暗い街を見て何とも言えない気持ちになる。

 いつもやっていた店が休業になってしまいただ灯りが
少なくて辺りが暗いというだけでなく、人々の気持ちも暗く、
歩く人は皆どことなくうつむいている。

 何とも言えない気持ちになるのは、9.11の時とも3.11の時とも
また違う雰囲気だからだろう。 
 
 諦観とも失望とも絶望とも異なる。ただ何となく下を
向きたくなる気持ち。


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年4月11日 (土)

アメリカ大統領選2020雑感

 
 2020年4月11日の現在、

民主党は、バーニー・サンダースが撤退を表明した。今回の
サンダース旋風は歴史に名を残すに充分なものだっただろう。
現在起こっている地球規模の大騒動がもし発生していなかった
とすれば果たしてどうなっていたか判らない

 民主党の大統領候補戦は件の騒動が起こる前から興味を
引くには今イチな内容だった。何とか本命候補となっている
ジョー・バイデンはきっと政治家としてはいい人の部類に
入るのだろうがヒール役を確信犯的に愉しんでいると思える
現大統領とガチンコするには少しというかだいぶ物足りない

 アメリカ合衆国下院議長を務めるナンシー・ペロシ女史は
ヒラリー・クリントン並みに出馬への動向が注目されても良かったと
思うのだが時折見せてきたエキセントリックな行動や諸発言が災いしている
せいなのかどうなのか浮き上がってもこない。

 思うに民主党の大統領候補選びが個人的に今イチ面白くないのは
共和党のそれと比べてイデオロギー色が明らかに強いからだろう。そして、
イデオロギーというものが2020年4月の世界の現実問題に対して世の
人々にアピールするとは思えない

 ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモが出馬を表明しても
いないのに熱烈な支持を受けているのは何よりもその証拠だろう。

 イデオロギーというものは今しばらくは過去の産物であると
思われる。

 現アメリカ合衆国大統領の再選を阻む最大・最強・最凶の敵
昨年の暮れに突然やってきて地球というリングを一人で席巻しまくって
いる『アイツ』であることは依然疑いない。そういえばやってることの
悪質性とタチの悪さは互角かそれ以上に上手でもある。ある意味単なる
政治上の対抗馬なんかよりもよほど好敵手と言えるのかもしれない。
 
 『アイツ』に勝つことはつまりヒーローの名を欲しいままに
出来ることでもあるから。
  
 2020年11月に大勢は判明する。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

2020年4月 6日 (月)

来_20_04_06

 
 
 これからやって来る新しい『時代』への準備が始まっている。

 好ましい何かは過ぎ去ってしまったかもしれないけど、
 
 煩わしい何かもまた葬られていくかもしれない。
  
 
 

 

 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年4月 3日 (金)

昇_20_04_03


 病気の蔓延よりも経済のメインシステムのメルトダウンは
様々な物を日々崩壊に向かわせている。

 某アニメ作品のクライマックスのように瓦礫が崩れ落ちながらも
跳び続けけ最後まで光り輝いてより高く飛んでいく何か
残るのだろうか。何も残らないのだろうか。

 

 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »