« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

アメリカ大統領選2020雑感(3)

 
 2020年10月31日の現在、

 一時期、民主党側有利かと報じらていた。少なくとも日本国内においては。

 だが、この文字通りの土壇場に来て、雲行きはまさかの現職大統領側にやや有利
働いてきているようだ。
  
 何とも凄まじい「空気」の読み合いと「キャラクター」の受け入れ合戦。
 
 政策も勿論影響があるだろうが。かの国の多様性に対して支持のマジョリティーを
形成するには余りにも両者共に政策とそのアピールでは決め手に欠いている
言わざるを得ない。そして、どちらもアキレス腱に弱みを抱えている。

 自分達のリーダーとしてどちらが、またはどちらの党が相応しいのかという
民衆の決断。

 過去に民主党の大統領やリーダーは何をしきてたのか。自分達に何を齎したのか?
共和党は?共和党の大統領やリーダーは?
 
 不安を?安心を?繁栄を?困窮を?雇用の安定を?
 
 国際情勢はどうだったか。どっちになるとどう変わるのか。
 
 変わってほしくないこと。変わってほしいこと。
 
 この4年間の成果を取るのか、その前の政権の運営の再開を望むのか。
 
 次の4年間をどちらの顔と発言と政策を見て過ごしたいのか。
 
 どちらを選ぶかで次の10年間の世界は結構異なるものになるだろう。
 
  
 2020年11月に大勢は判明する。 
 
 
 
 <<アメリカ大統領選2020雑感(2)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

2020年10月25日 (日)

防_20_10_25

 
 
 英国で「自殺予防担当相」なるものが設立されるとのこと。
これは色々なプラスの効果が上がりそうで各国に設置の動きが
広がるかもしれない。

個人的情報、個人的理由に属していた以下の情報が国家規模で
集まり分析されていくことが期待できるからだ。
・自殺の衝動の理由
・自殺の衝動の経緯
・性別
・年齢層
・家族構成
・収入規模
・世帯主の職業
・関連する要因

 これらの分析結果が適用できる範囲も相当に広いと思われる。
国会の経済政策に大きな影響を及ぼす可能性もある。

 『自殺』定義理解根本的に変わり名称が変わるかもしれない。

 

 

 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年10月24日 (土)

灯_20_10_24

 
 
 街の灯が美しいと思った会社帰りの或る日。

 

 

 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年10月 5日 (月)

禍_20_10_05

 

 この半年の騒動による個人的な影響について。

 よく通っていた飲食店は軒並み何とか危機を乗り越えて
これまで通り存続していてとりあえず一安心。これからも
通うので是非頑張って欲しいものだ。

 あるお店は一度だけたまたま来店したのみだが雰囲気が
とても良くて美味しかったのでまた行きたいのだが存続出来て
いるのか未確認。用事が無いと通らないエリアにあるお店なので
なかなか確認できずにいる。

 何とか生き延びてください。出来る限り食べに行きますので。

 と書いているうちに、明後日所用にて近くまで行こう思えば
行けることを思い出す。

 確認しに行こう。


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »