日記

2020年7月 4日 (土)

靴_20_07_04

 非常事態宣言の出た前後で少々慌てて買ってしまった
通勤用の靴。
 
 いつもの店まで行くのが面倒くさいのでたまたま見かけた店で
予算を言って勧められた中から購入したが履き心地がとても良い。

 軽くて底の厚さは感じず寧ろこれまでのものよりも薄いのに
弾力があって快適。
 
 朝の重たい気分を和らげてくれて有り難い。

 それほど高価ではなくというよりも寧ろ安価な靴一足のために
丁寧に説明してくれた店員さんに感謝。

  


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年6月20日 (土)

現_20_06_20



 世界では、840万人以上の人々が感染し、45万人以上の人々が亡くなった。
 
 国内では、17000人以上の人々が感染し、900人以上の人々が亡くなった。
 
 東京では、5500人以上の人々が感染し、300人以上の人々が亡くなった。
 
 世界的には広がりは止まっておらず、第2波も懸念されているが
国内においては統計上は停止した模様。


  


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年6月 1日 (月)

流_20_06_01


 押し流されていった物。
 
 ビクともしなかった物。 

 変わって欲しくなかった物。

 この際、変わって欲しい物。

 何処かへ行ってしまった物。

 まだ残っている物。
 


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年5月15日 (金)

暁_20_05_15


 まもなく夜が明ける模様。
 
 太陽が昇った時に辺りに広がっている光景は一体どんなだろう。

 暗闇の中で見たものとは何だっただろう。
 
 失ったものは何だっただろう。
 
 これから得るものとは一体どんなものだろうか。 

 それがあるとすれば。
 

 
 


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

夏_20_05_03

 
 扇風機稼働開始。蚊取線香も使用開始。虫の音。
例年通りの夏の風物詩。

 
 


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年4月27日 (月)

暗_20_04_27


 暗い街を見て何とも言えない気持ちになる。

 いつもやっていた店が休業になってしまいただ灯りが
少なくて辺りが暗いというだけでなく、人々の気持ちも暗く、
歩く人は皆どことなくうつむいている。

 何とも言えない気持ちになるのは、9.11の時とも3.11の時とも
また違う雰囲気だからだろう。 
 
 諦観とも失望とも絶望とも異なる。ただ何となく下を
向きたくなる気持ち。


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年4月 6日 (月)

来_20_04_06

 
 
 これからやって来る新しい『時代』への準備が始まっている。

 好ましい何かは過ぎ去ってしまったかもしれないけど、
 
 煩わしい何かもまた葬られていくかもしれない。
  
 
 

 

 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年4月 3日 (金)

昇_20_04_03


 病気の蔓延よりも経済のメインシステムのメルトダウンは
様々な物を日々崩壊に向かわせている。

 某アニメ作品のクライマックスのように瓦礫が崩れ落ちながらも
跳び続けけ最後まで光り輝いてより高く飛んでいく何か
残るのだろうか。何も残らないのだろうか。

 

 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年3月 5日 (木)

疑_20_03_05


 今回の世界規模の騒動で病気の感染そのものよりも

 人間としての品格も誠意もまるで持ち合わせていない輩
我々は実に多く見た。
 
 そんな輩達も法で守られ他者の権利や生活は守る気はないようだ。
 
 そんな世界でも生きて、後続に何かを伝え遺していかなくては
ならない。

 くだらない連中に加担してはならない。

 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

2020年2月 8日 (土)

疫_20_02_08

 
 酷く踏みつけられたマスクが落ちていた。

 使われて捨てられるだけのマスク達。

 使われるのはまだいい方かもしれない。
 
 買い占められ、使われもせずにただゴミになっていく
膨大なマスク達。
 
 本当に必要な人には渡らず買うこともままならない現実。

 今日、コロナウィルス感染の日本人として初の死者が出た模様。

 


 





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































|

より以前の記事一覧